Prototype by Polaroid

撮っても飾っても楽しめるプロトタイプ

Polaroid Originalsは、敬愛する芸術家、グラフィックデザイナー、ファッションデザイナーやファッションブランドとともに、ヴィンテージのポラロイドカメラに繊細なグラフィックを搭載。完全メンテナンスを施した希少価値の高い限定モデルとして蘇らせ、原型=プロトタイプという形で発表します。80年代のポラロイドを代表するボックスカメラをベースに、現代を代表する新進気鋭のアーティスト4名の様々なアートワークをカメラにしました。

01: Prorotype by Ran Tondabayashi

とんだ林蘭

あいみょん、渡辺直美、木村カエラなど、眩い活躍の面々とのアートワークが注目を集める。コラージュ、イラスト、ペインティング、立体、映像など、幅広い手法を用いて、日々の生活から着想を得た様々なモチーフを組み合わせ、猟奇的でいて可愛らしく、刺激的な表現で作品を制作している。

とんだ林蘭 モデルを見る

02: Prorotype by Mark Gonzales

マーク・ゴンザレス

1980年代後半~90年代において「最も影響力のあるスケートボーダー」として人気を確立し、その個性的なスケートスタイルでストリートでの滑り方を示した第一人者。キース・ヘリング、ジャン=ミシェル・バスキア、アンディー・ウォーホルといった巨人たち亡き後のNYストリートアートにおける最重要人物として、90年代以降その動向が注目を集める。

マーク・ゴンザレス モデルを見る

03: Prorotype by Suicoke

Suicoke

「本当に自分たちが欲しいもの、所有したいものだけを作っていく」という挑戦的創造開発をコンセプトに掲げ、高品質なシューズ作りをメインとして2006年スタートした日本のシューズブランド。他ブランドでは成し得なかった業界初のビブラムソールを搭載したサンダルの開発に成功。最高の履き心地を追及したプロダクトを完成させた。

Suicoke モデルを見る

04: Prorotype by Naohiro Ukawa

宇川直宏

映像作家 / グラフィックデザイナー / VJ / 文筆家 / 京都造形芸術大学教授 / そして「現在美術家」......幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本において最も自由な表現活動を行っている。2010年3月に突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける。

宇川直宏 モデルを見る

Prototype