July 23,2019

INTERVIEW:宇川直宏

この人なら何人居ても困るどころか、日本の未来がより煌々と輝くのではないかと思ってしまう宇川直宏。ポラロイドの原型(=プロトタイプ)とも言えるヴィンテージのポラロイドカメラを、現代に蘇らせるべくして始まったPrototype by Polaroid Originalsの第一弾に参加してくれた宇川氏にインタビューしました。

Q. 今回のデザインしていただいたカメラのプレートデザイン「Polaroid WHO IS PHOTO FOR? PHOTO IS FOR / EVER YOURS!」にはどんなメッセージが込められていますか?

A. 「写真は誰のもの?写真はいつも(永遠に)あなたのもの!」 現実世界の一瞬を永遠に変える写真が齎す魔法への敬意の表明です。

Q. 今の社会全体のルールやコンプライアンスへの意識に対して、どんな考えをお持ちでしょうか?DOMMUNEとしてのスタンスについてもお聞かせください。

A. ご存知のとおり、このメッセージには物語があります。2019年3月26日...出荷停止&回収となった電気グルーヴの音源のみを5時間プレイ&配信した 「DJ Plays 電気グルーヴONLY!」は、46万6932ビューワーを獲得し、全民放と競い合って #DOMMUNE はTwitterトレンド日本1位!世界4位!という記録を打ち立てました。そのとき掲げたスローガンが「WHO IS MUSIC FOR? MUSIC IS FOR EVERYONE!」でした。「音楽は誰のもの?音楽は我々皆のもの!」その後、このテーマで3度に渡ってストリーミングを展開してきた我々のプログラムは、所有から共有へとパラダイムシフトしたこの時代において、しかしコンプライアンスに細心の注意を強いられる現在において、ライヴストリーミングチャンネルとして何を世に拡散していけばよいのか?その問いと答えになっていたという自負があります。このようにDOMMUNEはライブにおける動画配信の実験を重ね、新たな視覚コミュニケーションの可能性を日々探求しているわけです。シェアリングエコノミーや、評価経済社会が語られる現在において、我々が投げかける魑魅魍魎なコンテンツはソーシャルな入れ子構造の共同体、またはそれを通じて連帯した意識体を可視化しています。この共時性を伴った実態こそがDOMMUNEなのです。

Q. ポラロイドカメラを使って作品を作るならどんなことをしますか? また、宇川さんにとっての写真とは?

A. ライヴストリーミングとポラロイドは相性がいいと思います。互いに複製不可能な現在時間の唯一無二性、いまここ性、そして一回性の輝きをまとったアウラを秘めている。もしポラロイドカメラを作って作品を作るなら、その独自の拡散転写技術を用い、互いの時間芸術空間にハレーションを起こすように、過去時間を現在時間に転換する無限ループを生み出したいです。例えば1日5時間のアーカイヴを30フレーム/秒に解体し、18000x30フレーム=54万枚の連続ポラロイド写真に映し出し、フリップブック(パラパラマンガ)を作成するとか?

Q. ポラロイドカメラにテクノロジーを導入して作るとしたらどんなカメラにしたいですか?

A. ライヴストリーミング機能付きポラロイドカメラ=現像ボタンを押すとフリップブックを自動生成。

Q. 瀬戸内芸術祭にオープンするサテライトスタジオ「DOMMUNE SETOUCHI」の開催内容やプロトタイプカメラの展示について教えてください。

A. 上記のように親和性の高いライヴストリーミングとポラロイドカメラですが、自らのアートフォームを体現する象徴として、エントランスに展示しようと思います!!!!

Q. 地元の高松で行われるDOMMUNE SETOUCHI、また瀬戸内芸術祭への意気込みをお願いします!

A. DOMMUNEは、スタジオで日々産み出される番組の、撮影行為、配信行為、記録行為を、自らの"現在美術作品"と位置づけています。この度、自分自身が再度この故郷に立ち戻り、生誕の地で開催される瀬戸内国際芸術祭 2019を舞台に、サテライトスタジオ「DOMMUNE SETOUCHI」を開設します。ナショナル・ジオグラフィック・トラベラー誌の「2019年行くべきデスティネーション」1位に選出された”SETOUCHI"の大変魅力的な文化を全世界に拡散すべく、渋谷から瀬戸内へとスタジオごと引っ越しを果たし、夏の会期中に約50番組を地元高松より配信!!!!! 「いま」と「ここ」の一回性が生み出す、"生の芸術作品"であるこれらハードコアな番組達を瀬戸内の潮風とともに浴びてください!!!!!!!

>Prototype 04 - 宇川直宏
1968年香川県生まれ。映像作家 / グラフィックデザイナー / VJ / 文筆家 / 京都造形芸術大学教授 / そして「現在美術家」......幅広く極めて多岐に渡る活動を行う全方位的アーティスト。既成のファインアートと大衆文化の枠組みを抹消し、現在の日本において最も自由な表現活動を行っている。2010年3月に突如個人で立ち上げたライブストリーミングスタジオ兼チャンネル「DOMMUNE」は、開局と同時に記録的なビューアー数をたたき出し、国内外で話題を呼び続ける。2019年は瀬戸内国際芸術祭に参加し、DOMMUNEの最新プロジェクトを展開予定。

Prototype by Polaroid Originalsの全機種をチェックしたい方はこちらから。
Prototype by Polaroid Originals