July 18,2019

INTERVIEW:とんだ林蘭

あいみょん、渡辺直美、木村カエラなどなど、眩い活躍の面々とのアートワークが注目を集めるアーティスト とんだ林蘭のアートワークが、Prototype by Polaroid Originalsのシリーズとして登場しました。

7月には都内某所でポップアップイベントを予定しているプロトタイプ by ポラロイドオリジナルズ。アート好きを語るなら知っておいてほしいとんだ林蘭さんに、今回のコラボレーションを通じてインタビューにお応えしていただきました。

Q. お気に入りの時間を教えてください

A. 夕方が好きです。

Q. インスタ(@tondabayashiran)にアップされてる一コマ劇場にタイトルはありますか?

A. 無いです。たまにタイトルを求められることもありますが基本的にはつけたくないです。

Q. 先日のカルティエのコレクションや装苑でのナオミさんとのコラボ作品などネジが多く登場しますが、とんださんにとってどのような存在なのでしょうか?

A. 単純にビジュアルが好みなのと、どこにでもある、誰もが見慣れた存在なところがいいなと思っています。

Q. とんださんの作品に共通していることを1つあげるとしたら?

A. 日常と非日常が混ざった世界

Q. 食べ物を使った作品やインスタ写真が多く見られますが今興味があって作品に取り入れたい食べ物はありますか?

A. 麺類が気になってます。

Q. 対象物(女性やモノ)の可愛らしさの引き出し方を教えてください。

A. その人や物が持つもともとの空気感に寄り添って、ビジュアルを考えています。

Q. 今回デザインしていただいたカメラは80年代のものですがとんださんが刺激を受けた年代は?

A. コラージュというか、写真を動かしてみたいと思ったきっかけになったヤン・シュヴァンクマイエルの作品は80年代や90年代のものが多いです。

Q. とんださんにとっての写真とは?

A. ハッとするもの。笑いのもと。

Prototype by Polaroid Originalsの全機種をチェックしたい方はこちらから。
Prototype by Polaroid Originals