July 24,2019

ナタリア・マンティーニとの対話

ナタリア・マンティーニ(@nataliamantini)の作品は、若さと優しさを持ったトーンがあります。まだ10代だった彼女は周りにいる友人やパンクのライブから撮り始めました。そして現在に至るまで、強い女性として前進し続ける意志を持って活動しています。

私たちはニューヨークの夏のパーティーで、ナタリアをOneStep + を使ったポートレートセッションに招待しました。セッションが始まる前に私たちはインタビューをする機会を得ました。

あなたが育った場所について教えてもらえますか?

私はロサンゼルスに長く住んでいました。ロサンゼルスから20分南にあるレドンドビーチで思春期を過ごしました。

数年前にLAからニューヨークへ引っ越しましたが、なぜ引っ越しを決めたのですか?

たしか7年前だと思います。私は独学だったので、写真家のアシスタントをしてちゃんと写真を学びたいと思って、引っ越しを決意しました。当時LAで働いていた人にはあまり興味がありませんでした。LAはあまりにも心地よすぎて、プレッシャーを感じる環境がなかったように感じました。だからニューヨークに引っ越して、自分自身を速いペースの環境に置くことで、自分にプレッシャーをかけました。そして私がずっと好きだった作品に関わっていて、キャリアの長い人たちから写真を学ぶことにしました。

写真を撮りはじめたきっかけは何ですか?

友達やパンクのライブを撮りはじめました。ただ単に周りの環境を撮っていただけでしたが、たしか14歳の頃だったと思います。きっかけは観に行ったライブの写真を撮りたかっただけで、写真にハマっていたわけではありませんでした。私はいつも友人の写真を撮っていて、翌週に現像した写真を渡して、みんなに喜んでもらっていました。

制作のプロセスを教えてください。あなたの作品はポートレート、特に女性に焦点を当てています - 自然にそうなったことなのでしょうか、それとも観衆に伝えたいポイントは何ですか?

女友だちや、私も参加していたパンクのコミュニティの仲間を撮影してカメラマンとして成長しました。全く意図していなかったことなので面白いですが、彼女たちから多くのことを学びました。テーマはいつも同じようなものでした、私が引き寄せられるのは「強い女性」です。

あなたの作品は強い温かみのある感覚を放っています。各ショットがとても親密で、あなたが対象と一緒にいるように感じさせます。それは作品の中で表現したいと思っている意図的な感情ですか?

私が若い頃にコミュニティの仲間を撮っていた方法とよく似ています。私たちはよく寝室で撮影しました。愛情と尊敬を持った眼差しで彼らを写真に収めていました。彼らの支配的な強い存在感を捉えました。私は人間が持つ柔らかさと強さをミックスします、そして親密な空間で撮影をするのが好きです。スタジオよりも好きな環境なので、寝室で撮影できる時は嬉しいです。普段はスタジオで撮影しますがその場合は、モデルが快適に感じることができて、彼らの聖域である寝室、または同様の雰囲気のある暖かい空間を作ります。できる限り被写体の聖域の中にいるように心がけます。

あなたはポラロイドの素晴らしいアーカイブを持っています。ポラロイドを撮影したのはどうしてですか?

インスタントな手軽さです。誰もがすぐに撮った写真を手にすることができることは良いですよね。そしてポートレートを撮られている人たちは、撮影がどうなっているかすぐに分かります。構図や雰囲気や設定さえも見ることができるので、アナログで撮影しているにもかかわらず、プレビューを見ることができてなんて素晴らしいです。写真家が何をしているのかを対象者に知らせるには良い方法だと思います。

たまに私はポラロイドだけで撮影します。外出している時や、環境が整っていない場所でも、簡単に撮影できるからです。設定を何も考えずに瞬間的に素晴らしいポートレートを撮ることだって可能です。そういった手軽で自然に扱える点が気に入っています。

OneStep +で次なるインスタント革命を体験しよう。
無料でアプリをダウンロード

カメラの詳細はこちら:
https://polaroidoriginals.bcc-tokyo.jp/store/onestep-plus-i-type-camera-white/