May 10,2019

OneStep+ アプリの遊び方(初級編)

ポラロイドオリジナルズから新しく発売されたOneStep+ カメラは、インスタントカメラを楽しむ方法をかつてないほど "プラス"しました。それは、Polaroid Originals アプリを使うことで、カメラが持つクリエイティブな可能性のすべてを楽しむことができます。撮影方法は6つ。アプリから6つのモードのうち好きな撮影方法を選んで、スマートフォンのシャッターボタンをクリックするだけ。シンプルなステップで魔法のような手法を表現することができます。ここでは、そのうちの3つを紹介します。準備はいいですか?

二重露光

2枚のイメージを1枚の写真に収めます。本来調整やアナログな仕掛け作りに手間がかかる手法ですが、シャッターボタンを2回押すだけで、2つのショットを1つのイメージに重ね合わせることができます。

Photo: Harriet Browse
Photo: Harriet Browse
Photo: Harriet Browse
Photo: Beto Ruiz Alonso

おすすめの撮影の手順:

  • カメラのファインダーを覗いて1枚目の構図を決めます。
  • 準備が整ったら、スマートフォン(画面に表示される数字は「1」)のシャッターボタンを押します。
  • この段階ではまだ写真はまだ排出されません。
  • 次にセカンドショットを決めます。
  • 準備が整ったら、もう一度、スマートフォン(画面に表示される数字は「2」)のシャッターボタンを押します。
  • 二重露光した写真がカメラから自動的に排出され、現像されます。
  • 上級者のヒント:

  • 二重露光でポートレートを撮影する場合は特に、暗めのモノクロの背景にすると、被写体の背景により良い効果が生まれます。
  • さまざまなパターンやテクスチャと、それらが重なったときの相互効果を試してください。
  • このモードでは、カメラが自動的に露出調整を行い2度の露出を補正します。そのため、必ず露出補正スイッチを「normal(通常)」または「dark(ー)」に設定して撮影してください。
  • ライトペイント

    あらゆる光源で絵を描くことができるアプリです。専門用語でいうところの長時間露光機能です。シャッター開始と終了を自身で決めれるので、シャッターが開いている間、空中で絵を描いたり文字を描き写真に残すことができます。

    Photo: Harriet Browse
    Photo: Syndi Huynh
    Photo: Harriet Browse
    Photo: Akisome

    おすすめの撮影の手順:

  • カメラを平らな場所に置くか、三脚などを使用し、できるだけ安定させてください。撮影環境を暗くしてください。
  • 構図が決まったら、スマートフォンのシャッターボタンを押します。カメラのシャッターが開きます。
  • ペイントを始めましょう! どんな光源も使えます。スマートフォンのフラッシュライトボタンを長押しして、スマートフォンのフラッシュライトでペイントすることもできます。
  • カメラに直接ライトを向けて、絵や文字を描くこともできますし、ライトを使って特定のオブジェクトを照らすこともできます。
  • 終わったら、再びスマートフォンのシャッターボタンを押して、シャッターを閉じさせます。
  • ライトペイントした写真は、通常通り自動的に排出・現像されます。
  • 上級者のヒント:

  • 目に映るあらゆる光を試してみてください。街の灯り、にぎやかな通りに行き交う車の流れ、群衆が持つペンライトの輝きなど、すべてを絵筆として使うことができます。スマートフォンのフラッシュライトを使用して文字を描きたい場合は、構図を決めたあとに事前にライトを照らす感覚を練習してみると良いでしょう。
  • ノイズトリガー

    指をパチンと鳴らしたり、大声で笑ったり、叫んだりすることで、シャッターを切ることができます。ノイズトリガーモードは、スマートフォンのマイクを使って音で写真を撮るモードです。

    Photo: Harriet Browse
    Photo: Harriet Browse
    Photo: Harriet Browse
    Photo: Beto Ruiz Alonso

    おすすめの撮影の手順:

  • カメラをスマートフォンにつなげる前に、まず音量でトリガーがどう機能するかを理解することをお勧めします。ディスプレイが周囲の音に反応します。
  • アプリ画面上部の白いバーは、シャッターをトリガーするノイズ値を決めるコントロールバーです。バーを下げると画面が黒くなって、ノイズトリガーが作動していることを示します。
  • バーを下げれば下げるほど、小さい音量でシャッターを切ることができます。
  • 音のレベルをマスターしたら、カメラとスマートフォンをつなぎ、写真をフレーミングして、撮影に備えます。
  • 準備ができたら、音を立てます。カメラが自動的にシャッターを切ります。
  • 通常通り写真が排出・現像されます。
  • 上級者のヒント:

  • 思いがけないものを捉えましょう。ノイズの閾値を設定して、カメラが自然の音に反応してシャッターを切るようにします。
  • もちろん、これは手始めにすぎません。本当のクリエイティビティを創り出すのは、あなたの想像力です。あなたが世界に飛び出して、OneStep +を使ってどんなことを実現するのかと思うとワクワクします。無料のPolaroid Originalsアプリをダウンロードして、こちらでカメラに関する情報を入手しましょう

    中級編の遊び方に移る準備が整ったら、中級編向けの遊び方をご覧ください。