April 10,2019

CEO Q&A:Oskar&Pierreのインタビュー

Polaroid Originalsを立ち上げてから1年近く経ちました。オランダの工場で造られたカメラやフィルムは、ポラロイド愛好家たちの支えのもと、ヨーロッパやアメリカでかつてないほどのシェア数を獲得しました。ようやく日本語版のウェブサイトがリリースされた今、日本の皆さんにもポラロイドの今後について語るCEOたちの声を届けたいと思います。

新しいカメラ OneStep + の背景にある思考プロセスについて教えてください。

私たちは非常に簡単で使いやすいカメラから始めたいと考え、OneStep2をもとに手頃な価格でシンプルな設計にしました。そしてよりクリエイティブなコントロールのための選択肢を人々に提供したいと思い、その論理的にOneStep +が次のステップとなりました。

あなたは、Polaroidブランドのために、そして一般的にアナログインスタント写真のために、長期的で健全な未来を想像して築くことを計画していると言います。その展望について詳しく話すことができますか?

私たちがあなたにすべてを言ってしまったら、皆さんの驚きを台無しにしていまいますね。

私たちはポラロイドブランドのための大きな計画を持っています。Polaroid Originalsで、我々は絶えずフィルム品質と生産量を改善するために研究に励んでいます。フィルムを制作するためにかかるステップと時間は目を見張るものです。多くの原材料や部品を手に入れるには1年以上かかります。銀はあらゆるフレームに入り込むので、私たちは毎日銀の市場を見ています。これがどれほど複雑であるかを十分に伝えることは大変難しいです。

OneStep +は、最高のインスタント体験を提供します。そして、新しいPolaroid Originalsアプリを使えば、カメラとスマートフォンをつなげることができ、さらに良い仕上がりを得ることができます。このローンチから人々が知っておくべきことが1つあるとすれば、私たちがさらに多くのカメラの開発を予定しているということです。今後どうなるか、そしていつ発売されるかについては、乞うご期待ですね。

スペクトラィルムはしばらく在庫切れになっていますが、何がおきているのでしょうか。ビンテージカメラでうまく機能しない場合は、新しいスペクトラカメラを作ることを検討したことがありますか。

私たちはポラロイド写真が大好きです。一日中このメディアの事を考えているファンです。Polaroid Originalsチームはこのフォーマットを存続させることに情熱を注いでいます。特に工場では、一日のほとんどの時間をこれに捧げているスタッフもいます。

スペクトラフィルムはその家族の一員です。そして、我々は困難な時代を通してそれを存続させようとしています。去年の夏、コミュニティからのフィードバックによって、私たちはフィルムが一部のスペクトラカメラから常に正しく排出されていないことに気づきました。私達は品質保証チームにフィルムとカメラの広範囲な調査を始めるように頼みました。フィルムの厚さやフィルムのサイズに違いが見られないため、その調査は厄介でした。しかしそれではただ意味がありませんでした。私たちは、フィルムが排出されるスペースを増やすためにカートリッジの形状を調整しようとしました。そしてカメラの老朽化を緩和させるために、他にも複数のことを試しました。

しかしどれも本当に実を結ぶことはありませんでした。何百ものカメラを使ってテストするためにビンテージカメラの製造者と協力し、その問題がランダムに起こっていたことを発見しました。私たちが専門家から受け取った報告は、スペクトラカメラは600およびSX-70カメラと同じように強固に作られていないということでした。カメラを分解すると、より複雑な電気回路が劣化していることがわかりました。これは、カートリッジ内のバッテリーからの電力を増やす必要があることを意味していました。我々はカートリッジに収まるであろうより強力なバッテリーを調達するためにバッテリー供給者と協力して3ヶ月が経ちました。しかし、問題の一部が改善されただけの結果となりました。

つまりは安定した製品を供給するための努力は続いているということです。人々がスペクトラフィルムを望んでいることを知っているので、我々はスペクトラフィルムを別の形で予定しました。しかし、カメラの中でフィルムが引っかかるかも知れないという警告とともに販売されなければなりません。もちろん、他の解決策を思いつくことができるかも知れませんが、ビンテージカメラの機能が私たちの手に負えない状態にあり、解決するのは難しいでしょう。

あなたは今後もビンテージカメラをサポートし続けますか?最近の開発の大部分は、i-Typeに焦点を当てています。これは素晴らしいことですが、オリジナルのポラロイドカメラとフィルムの研究と設計プロセスについても多くの関心が寄せられています。

今後も需要がある限り、600フィルム、SX-70フィルムの製造を中止する予定はありません。私たち全員がビンテージにおいてもマイポラロイドカメラを持っているので、私たちも個人的な関心を寄せています。私たちはフィルムの研究開発に専念する様々なプロジェクトと化学者のチームを持っています、チームは可能な限り前進し続けます。

ピールアパートタイプはどうですか?

ピールアパートタイプは美しいものですが、それを作るための機械を持っていないという事実があります。ポラロイドから譲り受けたオランダの工場は、すでにたくさんの貴重な機械が破壊された後でした。もちろん、新しい機械への投資を検討しました。もしくは古い機械を買うか、または製品を作るか、様々な計画がありました。現実的には、新しいマシンを構築するために必要な投資は数千万ユーロです。その投資コストとフィルムの需要は悲しいことに一致しません。私達の焦点は会社の長期的な未来にあります、そしてそれはオリジナルフォーマットのインテグラフィルムを意味します。

8×10のサポートを継続しますか?このフィルムはしばらくの間在庫切れであり、多くのプロの写真家にとっては重要なフォーマットです。

8×10は素晴らしい製品です。今後もサポートしていきます。現在の遅れの原因は、ポッドの材料性能にあります。この問題が解決し次第、再入荷いたします。

Impossibleフィルムの周囲には多くの情熱的なサポーターがいました。新しいフィルムの化学的性質をベータテストしてフィードバックを得ることもできました。このようなプログラムを再開してお客様との距離を縮めて、研究開発に投入するためのフィードバックを増やす予定はありますか。

ベータテストをしてフィードバックを得るための重要なお知らせが今後あるかも知れません。私たちは様々な研究開発プロジェクトを持っていますが、そのほとんどはフィルムの安定性と保管寿命についてです。私たちはコミュニティの支援とフィードバックに常に感謝しています。

Polaroid BVがPolaroid Originalsと統合し、今後数年間で御社から何が期待できるでしょうか。

アムステルダムにPolaroid BV(BVはオランダの会社を意味します)と呼ばれるPolaroid全体の新しい包括的なグローバル本社を設立したことをお知らせいたします。Polaroid BVは、Polaroid OriginalsとすべてのPolaroidアクティビティを正式に1つの傘下に統合し、私たち全員が同じ目標を達成するために効果的に編成されています。ポラロイドの今後の活動にご期待ください。