April 30,2019

Bushwig Festivalの舞台裏

2012年にBushwigを立ち上げたブルックリンのアーティスト、HorrorchataとBabes Trustが、今秋、The Knockdown Centerで第6回Bushwig Festivalを開催した。VICEの記事によると、彼らがBushwigを始めたのは、「ニューヨークでドラァグ&パフォーマンスコミュニティを活発化して拡大するための大きな土台を作るため」だったという。国際的なドラァグスターやドラァグ愛好者が世界各地からクイーンズ区のマスペス地区に集まり、ド派手でクリエイティブなイベントを開催した。今年の目玉はAlyssa Edwards、Thorgy Thor、Dida RitzなどのRuPaulが主催するドラァグレースのスターたちと、同性愛文化とドラァグアートを盛大に祝うパーティーだ。写真家のFred Attenboroughがカメラのレンズを通して、素晴らしい瞬間を捉え、彼が現在、故郷と呼んでいるこのコミュニティにとって、このフェスティバルがいかに重要かを伝えてくれた。

Crimson Kitty

「初めてブッシュウィックに越してきたときは、仲間を見つける方法がよくわからなかったのです。バーやクラブはあったけれど、まだ同性愛者のパーティーはなくて、アプリ時代にもなっていなかったから。だから、友達のSam MattyとBradは自分たちで何かを始めなければと考えて、Mattyと私はHorrorchattaとSophie Skin-Tightという名前に改名して、この新しいテリトリーの初代クイーンの仲間入りをしたのです。Bradは宣伝を担当して、私たちにひどくセクシーで、着ていて楽しくなる服を着させてくれて、SamはDJをしてくれました。その後、様々なパーティーが生まれて、ドラァグクイーンがぞくぞくと現れ、いまではこの新しいコミュニティに居場所を確保した気分になっています。」とFredは説明する。

Jaquee Kennedy
Francesca
Ja'mie Queen West
B Hollywood
Ava Patron

「コミュニティはどんどん大きくなって。RuPaulのドラァグレースが始まってから、さらに多くの女性たちが扮装を真似するようになっていったので。そこでMattyが閃いて、Bushwickで生まれたドラァグクイーンたちと、そのコミュニティから生まれた実験的パフォーマンスベースのユニークなドラァグスタイルを祝うフェスティバルを開催しようと思ったのです。パーティーはBushwigと呼ばれるようになって、今年、6年目を迎えました。Bushwigは爆発的に拡大して、世界中から人が集まり、イベントを見て、参加します。クイーンたちは2日間のパフォーマンスで、ジェンダーの意味と、その表現を限界まで突き進めるのです。」

Lucas Beecham
West Dakota
Space Babe

「Bushwigはこれまで参加した中で最大級に自由で、楽しくて、クリエイティブな雰囲気を持っています。このイベントを通して出会った人たちは、最高の人生を生きようとしています。こんなに多様な人たちが集まっている状況は他では見られない独特なもので、この空間が持つエネルギーは言葉では言い表せません。だから私はそれを写真に収めようと思ったのです。私の写真を通して、ここに関わっている人たちのエネルギーを感じてもらいたいのです。Sam MattyとBradと、私たちの周りで成長したコミュニティがなければ、今日の私はありません。ここで彼らに出会ったこと、そして、ドラァグをさせてくれて、自分を見つけ、最終的に自分の写真の最高の被写体を発見させてくれたことを、私は永遠に感謝します。来年は、あなたもここに来て、参加してください。絶対に失望しないと保証します!」

Tyler Ashley
Bushwig Festivalの詳細と来年参加する方法に関心があれば、www.bushwig.comをご覧ください

Fredの作品はインスタグラム@fcaphotonycでご覧いただけます。